小説本の本文フォント

明朝体とゴシック体

フォントとは、コンピュータで文字を表示するためのファイルのことで、様々な形のものがあります。非常にざっくり分けると、日本語のフォントは「ゴシック体」「明朝体」「その他」の3種類となります。

font
ゴシック体は、線の太さがほぼ一定のフォント。
明朝体は横棒が細くて縦棒が太く、トメ、ハネ、払いの筆の強弱を、線の太さの変化で表現したフォントです。

Webサイト等のコンピュータ画面では、基本が横書きであり、また明朝体の細い部分がディスプレイできれいに表示されないため、ゴシック書体が標準的に使われています。いま読んで下さっているこの文章も、ブラウザに特別な指定をしていない限り、ゴシック体で表示されているはずです。

印刷物の場合は、縦書きの書籍本文では、明朝体を使うことが一般的とされています。(雑誌などでは細いゴシックが使われる場合も)

特別な理由やこだわりがなければ、小説本の本文は明朝体にしましょう

等幅とプロポーショナル

同じフォントで「MS明朝」「MS P明朝」のように、Pのついたものとついていないものがあるとき、Pのついていないのが等幅フォントで、ついているのはプロポーショナルフォントです。

プロポーショナルフォントというのは、文字を並べた際に不自然なアキができないよう、文字ごとに余白を調整したフォントです。(参照→「MSゴシック」、「MS明朝」についてのお話  / リコー

横書きの文章では、プロポーショナルフォントをよく使います。

f
上がプロポーショナルフォント、下が等幅フォントです。
好みもあるでしょうが、等幅フォントでは、ひらがなが続く部分がやや間延びしたように感じるのではないでしょうか。

しかし、縦書きで使用すると……

word002
左の等幅フォントのほうが読みやすく感じませんか。

市販の本でも、縦書きでは等幅のフォントが使用されています。

多くのフォントでは、Wordなどで利用した際に、横書きはプロポーショナル、縦書きは等幅と自動的に処理されるのですが、「IPA明朝」と「IPA P明朝」、「MSゴシック」と「MS Pゴシック」といったように、同じ名前でPのつくフォントとつかないフォントが用意されている場合、縦書きでもプロポーショナル表示になってしまうようです。

「MS P明朝」などは、普段横書きでPCの文章を書いている人には最も身近な明朝体かもしれません。縦書きでもそのまま使ってしまいがちですので、ご注意ください。

様々な明朝体

さて、本文のフォントとして「等幅の明朝体」というところまで決まったと思いますが、まだまだ選択肢はたくさんあります。

【小説同人誌向け明朝体フリーフォントまとめ – ALBA LUNA】

こちらの記事では、無料で入手できる明朝体を中心に、本文への向き不向きと入手先をサンプル画像とともに紹介して下さっています。ぜひご参考に。

リンクした記事ともかぶりますが、以下に入手しやすいフォントや、個人制作の本で使われやすいフォントをご紹介します。

OSに標準搭載のフォント

無料で使用できるフォント(商用可)

  • 源ノ明朝(AdobeとGoogleが共同開発したオープンソースフォント。中国語/韓国語をあわせて約65,000字収録)
  • 源暎こぶり明朝 / 源暎こぶり明朝TTF(源ノ明朝をベースに書籍本文向けに調整したフォント)
  • しっぽり明朝 / しっぽり明朝 流(源ノ明朝Rの漢字にオールドスタイルのかなを加えたフォント。「流」は漢字に派生フォント「源流明朝」を使用)
  • 錦源明朝(源ノ明朝Lの漢字にオールドスタイルのかな等を加えたフォント)
  • IPA明朝/IPAex明朝(独立法人情報処理推進機構が公開するオープンソースフォント。約11,000字収録)
  • 三番明朝(IPAex明朝をベースにかなの一部を変更・追加したフォント)
  • モリサワ BIZ UD明朝M(Office製品に最適化されたビジネス向けフリーフォント)
  • 平成明朝体(Adobe)AdbeTypekit 無料版でW3が利用可能)
    ※「平成明朝」という名前のフォントは様々なメーカーから出ていますが、こちらはAdobe社製のフォントです

※フリーフォントというと「漢字の種類が少ないのでは」という危惧があるかもしれませんが、ここに挙げたフォントはどれも大手メーカーが制作し、製品版と遜色のない文字数を備えたフォントと、それらをベースにアレンジされたフォントですので、大概の用途には足りるかと思います。

ソフトウェア購入時に付属するフォント

無料ではないが比較的安価なフォント

※mojimo-manga は年額3600円で36書体を使用できるサービスで、表紙作りなどにもお役立ちです。おすすめ。

フォント選びのめやす

要確認:PDF埋め込みが可能か?

印刷所に入稿したり、コンビニやキンコーズ等のプリンタで出力する際には、本文データをフォント埋め込み済みのPDFに変換する必要があります。使いたいフォントを決める際には、自分の環境でPDF化ができるかどうか、しっかり確認しておきましょう。

フォントにはOpenType(拡張子「otf」)とTrueType(拡張子「ttf」)の2種類があります。2007以降のWordでは「名前をつけて保存」のメニューからPDF形式で保存できますが、OpenTypeフォントの一部では、意図したとおりのPDF化ができません。その場合は別のソフトウェアを使ってPDF化することになります。(参照:Wordで小説本(5)PDF形式で保存する

上で紹介しているフォントですと、源ノ明朝、源暎こぶり明朝のOpenType版、しっぽり明朝、三番明朝、ヒラギノ明朝、筑紫Aオールド明朝などでこの問題が発生しました。ご注意ください。

まずは身近なフォントから検討

さて、大事な条件を確認したところで、フォント選びです。色々あると選ぶのにも困ってしまいますが、それほどこだわらないなら、すでに持っている、あるいは無料で入手できるフォントの中から、なるべく書籍向きのフォントを選べばいいでしょう。

MacOSユーザーはヒラギノ明朝W3、Windows(8.1以降)ユーザーは游明朝。一太郎プレミアム以上のユーザーはお持ちのバージョンでバンドルされている明朝体(最新の2018ではイワタオールド明朝体)を、Adobeユーザーで条件を満たす人はりょうTextPlusNリュウミンLを第一候補にしてみてください。

フリーフォントでは縦書き小説用に開発された源暎こぶり明朝・しっぽり明朝がおすすめ。源暎こぶり明朝はTTF版も用意され、Wordでも使いやすくなっています。IPAex明朝も使いやすく人気のあるフォントです。

MS明朝はWordユーザーなら必ずありますので、気軽に本作りしたい人の最初の選択肢になりそうです。(MS P明朝はプロポーショナルフォントなので、お間違えのないように!)

※IPA明朝やヒラギノ明朝など、いくつかのフォントでは「――」(ダッシュ2文字)を使ったときに隙間が空くという問題があります。Wordで小説本 応用編(1)ダッシュをつなげると言う記事をご参考にどうぞ。

※Adobeユーザーは小塚明朝も使用できますが、縦書き小説の本文に使うにはひらがなが大きすぎて読みにくいという指摘があり、当サイトでは推奨しません。小塚明朝の漢字に文芸向きの小ぶりなかな文字を合わせたフォントが「りょう」です。小塚明朝を本文に使用する場合は行間を広めにする・字間を調整するなど、読みやすさをひと工夫することをおすすめします)

ELとかBとかって?

フォント名につくEL、L、R、M、B、EやW3、W5などは、フォントの太さ(ウェイト)を表しています。
EL / Extra Light 極細
Thin かなり細い
L / Light 細い
R / Regular 標準
M / Medium 標準と太字の間
B / Bold 太い
E / Extra (Bold) 更に太い
と、だんだん太くなっていきます。
ほか、H = Heavy(極太)、EH = Extra Heavy(更に極太)、U = Ultra(超極太)、なんてのも。
WはWeight(太さ)で、W0、W1のように数字がつきます。数字が小さいほど細く、大きいほど太くなります。

本文に向いたウェイト(太さ)

書き手の気分や、本文の雰囲気、ジャンル等にもよりますが、書籍の本文としては標準~細めのウェイトが一般的です。太さが選べるフォントの場合は、W2、W3、R(Regular)、L(Light)あたりがおすすめです。
太めのウェイトは見出し用であり、本文に使うと目が疲れて読みづらくなります。逆に細すぎるウェイトも印刷時にかすれが出て読みにくくなる場合があります。

フォントサンプル集

フォント選びの参考として、管理人の所持する様々な明朝体で1ページずつサンプルを作成してみました。(WordファイルをPDF化→画像変換)

MS明朝

WIndows8までの標準フォント / Office製品バンドル
※全体的に細いので視力の弱い人には読みづらいようです

MS

游明朝

Windows8.1から標準搭載、「時代小説が組めるような明朝体」がキーワード。オールド系。

游

游L

ヒラギノ明朝

MacOSやiOSに標準搭載、市販書籍でも使用される。現代的ですっきり。書籍向きには一段細いW2も好まれています。

ヒラギノW3

IPA明朝

無料入手のできる明朝体の草分け的存在。PDF生成サービス等でもよく使われます。ディスプレイ上の使用を想定しているので、かながやや大ぶりな字形。

IPA
IPAex

源ノ明朝

AdobeとGoogleの共同開発。東アジアで使われる必要な文字を網羅することを目的とし、65,000字余りを収録。太さも7種あり見出しや表紙制作にもおすすめ。ディスプレイ上の使用を想定しているので、やや大ぶりな字形。Wordでの使用にはちょっと難しい面も。



源暎こぶり明朝

源ノ明朝をベースとし、縦書き書籍で読みやすいよう全体に文字を縮小、特にかなを小さくし、字形にも手を加えたもの。符号類も使いやすく整備されている。TTF版もあり、Wordでの使用も問題なし。

しっぽり明朝

源ノ明朝の漢字に、色気のあるオールドスタイルのかなを加えた合成フォント。

三番明朝

三番

F910明朝

平成明朝

heisei

小塚明朝

大ぶりなモダンスタイルの明朝体。どちらかといえば横組みや雑誌向き。詰まって見えるので、縦書きでの使用時には行間を広めに取るのがおすすめ。

小塚EL
小塚L
小塚R

リュウミンKL

現在市販書籍で最も使用されていると言われるスタンダードな明朝体。

リュウミンL
リュウミンR

※サンプルはKL(大がな)ですがリュウミン用の仮名文字にはKS(小がな)KO(オールドがな)もあります。プロユース。

イワタ明朝

イワタ明朝オールドは市販書籍でも使用されるオールドタイプの明朝体。市販されている書籍用明朝体のなかでは比較的安価。

イワタ明朝
イワタ中明朝
イワタ明朝中細サンプル

黎ミン

黎ミン
黎ミンY10

りょうText

小塚明朝の漢字に本文向きのかな書体「りょう」を組み合わせたもの。



筑紫明朝

フォントワークス社の看板書体「筑紫」シリーズの明朝体。スタンダードで美しい。

筑紫Aオールド明朝

筑紫シリーズのオールドスタイル明朝体。

UD明朝(フォントワークス社)

筑紫明朝をベースにかなを大きくし、ユニバーサルデザイン(UD)に対応した明朝体。

有料フォントの購入

フォントの販売サイト等はこちら。

個人で購入可能な、比較的安価な有料フォントで、小説本文用としてよく挙げられるのは「リュウミン(L/R)」、「ヒラギノ明朝(W2/W3)」「イワタ明朝体オールド」あたりでしょうか。単体で購入しておおむね一万円前後になります。

履歴

2015/5/25:游明朝、黎ミンのサンプルをご提供いただきました。ありがとうございます!
2015/12/14:平成明朝Std W3を追加。また、北条由樹様より、イワタ明朝体オールドシリーズのサンプルをご提供いただきました。ありがとうございます!
2015/12/14:櫻井水都様より、イワタ中細明朝体のサンプルをご提供いただきました。ありがとうございます!
2015/12/17:記事全体に加筆修正しました。
2017/02/06:F910明朝、筑紫明朝、筑紫Aオールド明朝のサンプルを追加。記事の一部を改訂しました。
2017/04/05:源ノ明朝のサンプルを追加。
2017/05/28:源暎こぶり明朝のサンプルを追加。
2018/03/15:しっぽり明朝、フォントワークスUD明朝のサンプルを追加。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加