小説本の本文フォント

明朝体とゴシック体

フォントとは、コンピュータで文字を表示するためのファイルのことで、様々な形のものがあります。非常にざっくり分けると、日本語のフォントは「ゴシック体」「明朝体」「その他」の3種類となります。

font
ゴシック体は、線の太さがほぼ一定のフォント。
明朝体は横棒が細くて縦棒が太く、トメ、ハネ、払いの筆の強弱を、線の太さの変化で表現したフォントです。

Webサイト等のコンピュータ画面では、基本が横書きであり、また明朝体の細い部分がディスプレイできれいに表示されないため、ゴシック書体が標準的に使われています。いま読んで下さっているこの文章も、ブラウザに特別な指定をしていない限り、ゴシック体で表示されているはずです。

印刷物の場合は、ある程度の長さのある縦書き文章(いわゆる「本文」)では、明朝体を使うことが一般的とされています。

特別な理由やこだわりがなければ、小説本の本文は明朝体にしましょう

等幅とプロポーショナル

同じフォントで「MS明朝」「MS P明朝」のように、Pのついたものとついていないものがあるとき、Pのついていないのが等幅フォントで、ついているのはプロポーショナルフォントです。

プロポーショナルフォントというのは、文字を並べた際に不自然なアキができないよう、文字ごとに余白を調整したフォントです。

横書きの文章では、プロポーショナルフォントをよく使います。

f
上がプロポーショナルフォント、下が等幅フォントです。
好みもあるでしょうが、等幅フォントでは、ひらがなが続く部分がやや間延びしたように感じるのではないでしょうか。

しかし、縦書きで使用すると……

word002
左の等幅フォントのほうが読みやすく感じませんか。

市販の本でも、縦書きのものは基本的に等幅のフォントが使用されているはずです。

多くのフォントでは、Wordなどで利用した際に、横書きはプロポーショナル、縦書きは等幅と自動的に処理されるようなのですが、「IPA明朝」と「IPA P明朝」、「MSゴシック」と「MS Pゴシック」といったように、同じ名前でPのつくフォントとつかないフォントが用意されている場合、縦書きでもプロポーショナル表示になってしまうようです。

「MS P明朝」などは、普段横書きでPCの文章を書いている人には最も身近な明朝体かもしれません。縦書きでもそのまま使ってしまいがちですのでご注意ください。

※なお、フォント名の「Pro」はプロポーショナルフォントのことではありませんので、ご注意ください。

様々な明朝体

さて、本文のフォントとして等幅の明朝体というところまで決まったと思いますが、まだまだ選択肢はたくさんあります。

【小説同人誌向け明朝体フリーフォントまとめ – ALBA LUNA】

こちらの記事では、無料で入手できる明朝体を中心に、本文への向き不向きと入手先をサンプル画像とともに紹介して下さっています。ぜひご参考に。

リンクした記事ともかぶりますが、以下に入手しやすいフォントや、個人制作の本で使われやすいフォントをご紹介します。

OSに標準搭載のフォント

ソフトウェア購入時に付属するフォント

フリーフォント、無料で使用できるフォント

その他の有料フォント(比較的安価なもの)

※「ソフトウェア購入時に付属するフォント」の項目にあるフォントのほとんどは、単品購入も可能です。
※以前はこちらにリュウミンも載せていましたが、比較的安価に入手できた「Pack for Vista」が販売終了になり、安価とは言えなくなってしまいました。

フォント選びのめやす

色々あると選ぶのにも困ってしまいますが、それほどこだわらないなら、すでに持っている、あるいは無料で入手できるフォントでいいでしょう。

MacOSユーザーはヒラギノ明朝W3を、一太郎プレミアム以上のユーザーはお持ちのバージョンでバンドルされている明朝体を、Adobeユーザーで条件を満たす人はりょうTextPlusNリュウミンLを第一候補にしてみてください。

フリーフォントでは縦書き小説用に開発された源暎こぶり明朝がおすすめ。TTF版も用意され使いやすくなっています。

Windows8以降に標準搭載の游明朝は商用使用の許可が不明確と言われていますが、販売目的の本でなければぜひどうぞ。

MS明朝はWindows標準ですので、気軽に本作りしたい人の最初の選択肢になりそうです。(MS P明朝はプロポーショナルフォントなので、お間違えのないように!)

※IPA明朝やヒラギノ明朝など、いくつかのフォントでは「――」(ダッシュ2文字)を使ったときに隙間が空くという問題があります。Wordで小説本 応用編(1)ダッシュをつなげると言う記事をご参考にどうぞ。

※Adobeユーザーは小塚明朝も使用できますが、縦書き小説の本文に使うにはひらがなが大きすぎて読みにくいという指摘があり、当サイトでは推奨しません。小塚明朝の漢字に文芸向きの小ぶりなかな文字を合わせたフォントが「りょう」です。小塚明朝を本文に使用する場合は行間を広めにする・字間を調整するなど、読みやすさをひと工夫することをおすすめします)

ELとかBとかって?

フォント名につくEL、L、R、M、B、EやW3、W5などは、フォントの太さ(ウェイト)を表しています。
EL / Extra Light 極細
Thin かなり細い
L / Light 細い
R / Regular 標準
M / Medium 標準と太字の間
B / Bold 太い
E / Extra (Bold) 更に太い
と、だんだん太くなっていきます。
ほか、H = Heavy(極太)、EH = Extra Heavy(更に極太)、U = Ultra(超極太)、なんてのも。
WはWeight(太さ)で、W0、W1のように数字がつきます。数字が小さいほど細く、大きいほど太くなります。

本文に向いたウェイト(太さ)

書き手の気分や、本文の雰囲気、ジャンル等にもよりますが、書籍の本文としては標準~細めのウェイトが一般的です。太さが選べるフォントの場合は、W2、W3、R(Regular)、L(Light)あたりがおすすめです。
太めのウェイトは見出し用であり、本文に使うと目が疲れて読みづらくなります。逆に細すぎるウェイトも印刷時にかすれが出て読みにくくなる場合があります。

フォントサンプル集

フォント選びの参考として、管理人の所持する様々な明朝体で1ページずつサンプルを作成してみました。

PDFダウンロード: フォントサンプル集
※管理人の所持するフォントおよびデータをご提供いただいたフォントのみ掲載。

ブラウザ閲覧、もしくは右クリックからダウンロードしてご利用下さい。印刷してみるとまた印象が変わることがありますので、ぜひどうぞ。

ファイルを画像化したものこの下に並べておきます。

MS明朝

MS

游明朝

游

游L

ヒラギノ明朝

ヒラギノW3

IPA明朝

IPA
IPAex

源ノ明朝



源暎こぶり明朝

三番明朝

三番

F910明朝

平成明朝

heisei

小塚明朝

小塚EL
小塚L
小塚R

リュウミン

リュウミンL
リュウミンR

イワタ明朝

イワタ明朝
イワタ中明朝
イワタ明朝中細サンプル

黎ミン

黎ミン
黎ミンY10

りょうText



筑紫明朝

筑紫オールドA明朝

有料フォントの購入

フォントの販売サイト等はこちら。

個人で購入可能な、比較的安価な有料フォントで、小説本文用としてよく挙げられるのは「リュウミン(L/R)」、「ヒラギノ明朝(W2/W3)」「イワタ明朝体オールド」あたりでしょうか。単体で購入しておおむね一万円前後になります。

履歴

2015/5/25:游明朝、黎ミンのサンプルをご提供いただきました。ありがとうございます!
2015/12/14:平成明朝Std W3を追加。また、北条由樹様より、イワタ明朝体オールドシリーズのサンプルをご提供いただきました。ありがとうございます!
2015/12/14:櫻井水都様より、イワタ中細明朝体のサンプルをご提供いただきました。ありがとうございます!
2015/12/17:記事全体に加筆修正しました。
2017/02/06:F910明朝、筑紫明朝、筑紫オールド明朝のサンプルを追加。記事の一部を改訂しました。
2017/04/05:源ノ明朝のサンプルを追加。
2017/05/28:源暎こぶり明朝のサンプルを追加。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加